レッドスターストーン

リネレボ(リネージュ2レボリューション)の血の証とレッドスターストーン(赤石)の入手方法/入手場所と集め方をまとめています。

エリートダンジョンごとのドロップモンスターや、効率良い稼ぎ方も紹介していますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

血の証とレッドスターストーンの入手方法/入手場所

エリートダンジョンで入手

血の魔物

血の証とレッドスターストーンのメインとなる入手方法は、エリートダンジョンに登場する「血の魔物」からのドロップとなります。モンスター名の上に「血の魔物」と表示されているため、すぐに判別することが可能です。

今日の活動やクエスト達成報酬で入手

血の証とレッドスターストーン(赤石)は今日の活動やエリートダンジョンのクエスト、血盟アジトクエストの達成報酬などで入手することが可能です。

ただし、入手できるのは微々たる量のため、あくまで入手方法のメインはエリートダンジョンに登場する血の魔物からのドロップとなります。

血の魔物の出現場所とレベル

エルフの遺跡1階
スパルトイ弓使い Lv22
スパルトイ戦士 Lv22
地底鉄クモ Lv25
エルフの遺跡2階
ウォッチャー Lv31
スパルトイ狙撃兵 Lv31、33
スパルトイ騎士 Lv31、33
シェイパー Lv35
アリの巣地下1階
働きアリ隊長 Lv50
斥候アリ Lv54
アリの巣地下2階
雄アリ Lv70
衛兵アリ Lv78
雄アリのリーダー Lv84
クルマの塔2階
モルデオの分身 Lv100
マイカルエックスクロ Lv100、108
サセプタ―プライム Lv104、108
クルマの塔3階
理性を失ったメフォルテ Lv120、124
パルディウスミュータント Lv124、128
ロルカ Lv128
象牙の塔地下1階
汚れたスコーピオン Lv136
テフラスコーピオン Lv140
汚れたプレモ Lv146
象牙の塔地下2階
スタッカートトルーパー Lv156
強化ガーゴイル Lv156
強化ペルーン Lv162
象牙の塔地下3階
骸骨突撃兵 Lv168
ダークジェネラル Lv174
ケイブサハラ Lv182

効率の良い集め方、稼ぎ方

フィーバータイムを活用する

エリートダンジョンは1日30分のフィーバータイムが用意されています。フィーバータイム中は血の証とレッドスターストーンのドロップ率が大幅に上昇するため、血の魔物狩りに充てるのがおすすめです。

時間に余裕がある人は、オート狩りではなく、手動でまとめ狩りすることで効率がアップします。また、フィーバータイム中は血盟強化効果発動やSS使用なども検討しましょう。

適正レベル帯のモンスターを狩る

リネレボでは、敵のレベルが自分のレベル-2以上であれば、ドロップ率に制限はかかりません。自分のレベル-3以上になると、徐々にドロップ率が下がっていくため、適正レベル帯の血の魔物を狩ることが重要となります。

パーティーで狩りする

血の魔物が出現するフロアは、エリートダンジョンの中でも混雑していることが多いです。そのため、ソロ狩りよりもパーティー狩りした方が安定して、血の証とレッドスターストーンを稼ぎやすいです。

血の証とは?

血盟への寄付用アイテム

血の証

血の証は、所属する血盟へ寄付するためのアイテムとなっています。血盟に血の証を寄付することで、血盟経験値がアップし、血盟レベルアップへと繋がります。

また、血盟貢献度も獲得できるため、血盟によっては盟主からの褒賞授与してもらやすくなります。

血盟コインを入手できる

血盟員にとって、一番大きなメリットになるのが血盟コインの入手できます。血の証は40個単位で寄付することができ、1回の寄付で2枚の血盟コインを入手できます。1日に寄付できる上限は1200個のため、マックス寄付で60枚の血盟コインを獲得可能です。

血盟コインは、血盟ショップでエリクサーや強化スクロールなど貴重なアイテムと交換することができます。血盟のためというよりは、自分のために積極的に寄付しましょう。

レッドスターストーン(赤石)とは?

基本的な用途は血の証と同様

レッドスターストーン

レッドスターストーン(赤石)も血の証と同様、寄付用アイテムであり、血盟経験値がアップしたり、血盟コインを入手できる点などは一緒です。

大きな違いとしては、レッドスターストーンは血盟ダンジョンのリセットに使用することができます。そのため、血盟ダンジョンを攻略できる回数が増え、結果として報酬を受け取れる機会が多くなりやすいです。

血の証に比べるとドロップ率が低い

レッドスターストーンの主な入手方法は、エリートダンジョンからのドロップになりますが、血の証に比べるとドロップ率が極端に低いです。

1日に寄付できるレッドスターストーンは最大600個ですが、フィーバータイムだけでは足りないため、数時間エリートダンジョンに篭もることが必要になります。

スポンサーリンク